大谷翔平が「球宴を支配」 歴史的二刀流出場に米メディア称賛「両軍は彼に釘付け」

《記事要約》

米大リーグのオールスターゲームが13日(日本時間14日)、コロラドのクアーズ・フィールドで開催され、エンゼルスの大谷翔平投手は「1番・DH」で出場。特別ルールで初回のマウンドにも上がった。

打者で2打数無安打、投手で1回無失点。歴史的な二刀流出場で、勝利投手になった。

米メディアは「両チーム選手は彼に釘付け」「球宴を支配、歴史に名を刻んだ」などと称賛している。

米紙「USAトゥデー」は「ショウヘイ・オオタニはオールスターで完璧投球を見せ、打撃では2打数無安打だった」と記事で報じ、「ショウヘイ・オオタニは過去誰もやらなかった方法でオールスターを支配し、MLBの歴史に名前を刻んだ」と伝えている。

元記事:https://the-ans.jp/news/172880/

 

 

ネットの反応

 

ホームランダービーに出た選手が次の日に
ア・リーグの先発ピッチャーと言うこと自体がレジェンド。

 

世界中の野球ファンが心配しその偉業を見守っている。
これからもどうか、たくさんの人に夢と希望を与えてください。

 

二刀流でオールスターに出場する快挙!
これ程、人々を魅了する選手が日本人であることが最高に嬉しいし

誇りに思います。

 

スーパースターって、こういう人なんだな。
なりたくてなるものではなくて、気がついたらなっちゃってたって感じ。

 

対戦相手が目もくらむような超一流で、
その相手に100マイル投げ込んで抑えるホームラン王。
夢みたいです。

 

投げてるのに両リーグトップの33号打ってるんだから、
そうなるよね。

 

まじありえない事が起こってる

 

アメリカのメディアは涙が出る程これでもかって言う位
大谷をかっこよく誉めますね。
嬉しくなることで、元気や勇気をもらえます。

 

さっきまで打席に立ってたホームラン争い首位の選手が、
その回の裏には同じくホームラン争いで競い合う打者相手に
投げてるのはほんとうに信じがたい光景だった

 

 

ホームラン王でオールスターの先発ピッチャーなんて、
漫画の世界。鳥肌もの!!!

いやいや、漫画なら
やりすぎだよって編集者からボツくらうレベル

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。