対中国の有事に備え、米海軍任務部隊を創設か

太平洋に常設の任務部隊 米軍、対中国で構想

《記事要約》

【ワシントン時事】米政治専門紙ポリティコ(電子版)は15日、急速に拡大する中国の軍事力に対抗するため、米国防総省が太平洋地域に常設の海軍任務部隊を創設することを検討していると報じた。

実現すれば米政権の対中強硬姿勢を行動で裏付ける好例となりそうだ。

任務部隊の構想は、北大西洋条約機構(NATO)が冷戦期に設置した海上即応部隊がモデルに。同部隊は有事の緊急対応部隊として、当時のソ連に対する抑止の一翼を担っていた。

オースティン国防長官は9日、同省内で対中国戦略の見直しを行っていた専門家チーム「中国タスクフォース」の提言を受け、各部局に改善策を指示した。

元記事:https://news.yahoo.co.jp/articles/08d81e2177e48202840d8b8272e8efd9149a3865

 

 

ネットの反応

 

アジアで民主主義国家のパワーが増強されるのは大歓迎だ。

 

米国は本気で中国の動きを懸念してるようですね。
恐らく最も戦争が起きる可能性の高い地域はアジアという認識でしょう。

 

対中政策に関し、米国の施策が毎日のように聞こえてくる。

 

アメリカ海軍の規模そのものは縮小しているし、
戦力の穴埋めとして海自の参加も求められるのかね。

 

米軍が太平洋に常設部隊で自衛隊が尖閣に常設部隊、そして欧州連合国軍がこの海域に展開する時はこの部隊と合同演習を壮大に実施する。強力な抑止力は中共が尻尾を巻いて逃げ出すほどになるだろう。

 

いっそのこと尖閣に基地作ったらいいんじゃないかと
思うんだけど無理なのかね?

 

中国との戦闘は避けられないんだね。
民主主義vs共産主義の戦いはどっちが勝つかだな。

 

このままだと対中国で日本が
地理的最前線になってしまう

 

この件に関して自衛隊が参与することを期待したい。

 

さらっと書かれているけど、
これは割と世界の大きな動きでは。

 

世界は中国ウイルスにてとんでもない死者を出した。
団結して中国を叩き潰すべきだ。

 

中共習近平体制を打倒する仕掛けは
合衆国によってすでにいくつも打たれていると思うが、
武力衝突も十分に検討されているはず。

 

中東の次はアジアか
アメリカの行くところ戦争あり。

やね

 

 

米海軍が南シナ海に常駐すれば
中国も軍備を増強せざるを得ないよね。
それって逆にアメリカにとっても脅威が
増すだけなんじゃ無いの?

直接的なドンパチは無いにしても、
米国の挑発で中国に軍備にガンガンお金を使わせて、
かつてのソ連のように崩壊を狙ってるのかな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です