「鬼滅」、北米で週末21億円 外国語映画で歴代1位

米国とカナダで公開された人気アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の週末(23~25日)にかけての興行収入が、1950万ドル(約21億円)に上り、全体の2位に入った。

 外国語映画の初登場週の興行収入としては、歴代1位の記録だという。

 米映画関連の情報会社が発表した。首位は「モータルコンバット」で、2250万ドル(約24億円)。これまでの外国語映画の初登場週の歴代1位は、中国映画「HERO」(2004年上映)だった。

元記事:https://www.jiji.com/jc/article?k=2021042600633&g=int

 

ネットの反応

 

全米興行収入週末2位、外国語映画で歴代1位…絶句。
鬼滅の刃の世界観がどこまで受け入れられるか不安がありましたが、
好評のようで嬉しいです。

 

日本のアニメに興味を抱いている人たちは、本当に待ちに待ったみたいですね。

 

「鬼滅」がすごいのはもちろんだが、
これまで日本のアニメや漫画を海外にプッシュし続けてきた積み重ねの賜物だな。

 

話題性で初週だけじゃなくて、日本のようにロングランになって欲しいね

 

出口調査ではかなりの高評価らしい。
劇場もモータルコンバットの半分でしか公開されていないので、この先劇場数が増えれば来週以降で抜き去るのは時間の問題。

 

youtubeに上がっているアメリカ人の動画レヴューも物凄く評価が高いよ。そのコメント欄もね。
まだまだ口コミで拡がりそうだし、今週末映画館に行く人が増えるんじないかな?

 

大手レビューサイトのロッテントマトやメタクリティックでも高評価ですね。
まあまだレビューの数自体は少ないですが

 

予備知識ゼロで観たら 
よくわからんままでイマイチだったが
これ本当に外国人に理解できるんか?

 

サムライニンジャは相変わらず鉄板だな

 

うちの近くの映画館でも週末はチケットがとれないみたい。
友達一家は、週末に行きたかったけど良い席がすでに予約で埋まってたので
月曜に行くって言ってました。

首位の「モータルコンバット」には真田広之さんが出てて、
2位が鬼滅、3位がゴジラって。。。
すごいにゃ〜!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。