黒人暴行死撮影の少女に特別賞 ピュリツァー賞、NYタイムズも

《記事要約》

コロンビア大は11日、優れた報道をたたえるピュリツァー賞を発表した。昨年5月に米中西部ミネソタ州で起きた
黒人男性ジョージ・フロイドさん暴行死事件をスマートフォンで動画撮影した少女ダルネラ・フレーザーさん(18)を特別賞に選出した。
動画は黒人差別に抗議する幅広い運動の契機となった。

最高の栄誉とされる公益部門には、新型コロナウイルス感染拡大を巡る人種・経済格差などを報じたニューヨーク・タイムズ紙を選んだ。

各賞には、フロイドさんの事件と新型コロナに関する報道が並んだ。

 

元記事:https://news.yahoo.co.jp/articles/a99cbd0d9bae8c1c1d67ef230e5461798c6b0e04

 

 

ネットの反応

 

こんなんしたら
みんな事件あったら通報しないで
撮影会するだろ

 

何故その黒人が拘束されるに至ったかを報じないとねぇ。確かに警官の姿勢にはやり過ぎ感はあるけども、しかしそうでもしないと警官の身の危険=警官を要請した人への危険も有っただろうし。
写真や動画ってのは基本切り取りしちゃいけないと思いますよ、風景写真ならまだしも。

 

この黒人が札付きの悪であることを忘れてはならない。

 

何故か死亡した黒人の犯罪歴に触れない不思議。

 

彼が全く過失が無いにも関わらず殺されたような報道操作に違和感を感じる。

 

警官の立場を考えると可哀そうだな。

 

動画が米国社会を揺るがせたいのは間違いないし、
ピュリッツァー賞の特別賞に値するとは思うが。。。

 

ジョージ・フロイド氏がヒーローのように扱われるのには、大きな違和感がある。
彼の数々の犯罪歴も、黒人差別によるもので、本人に責任がないとするつもりなのか。

 

確かに、世界を変えた一枚には間違いないので、ピューリッツァー賞で文句なしだろう。
ただ、世界が良い方向に変わったのかというと、決してそうとは言えないと思う。

 

たしかに世界の流れを変えたと思うけど
「報道の切り取り」と言う事も含めて考えると
その変えた世界の流れがよかったものとは言い難いよね。

 

くそしょうもない賞やな
ノーベル平和賞並みにしょうもない

 

アカデミー賞、グラミー賞にピュリツァー賞、
全部が政治ショーとなりました

 

ジャーナリスト専用の賞ってわけじゃないんだ?

 

事故現場でスマホ構えてるやつバカにできないな

 

 

単に犯罪者を捕まえる警察官の映像でしかないが?
犯罪者が暴れたから警察が押さえつけて、
薬物の影響もあって呼吸がおかしくなって死んだと。

まあ確かに社会を変えた映像という意味では
大きな影響力があったよな。
良いか悪いかは置いといて。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。