アメリカで盲腸の手術をすると治療費はいくらかかるのか?

【記事要約】

アメリカの医療費とにかくバカ高いことで知られている。アメリカには日本のような国民健康保険制度がない。かといって何もないわけではなく、民間の保険会社(ブルークロス、ブルーシールド、パシフィックケアなど)が提供する保険から自分にあったものを吟味して加入すればいいわけだが、例え民間の保険会社を使ってもおいつかないくらいの高さなのだ。

 海外サイトで、20歳の男性が盲腸を発症。入院して手術した場合にかかった費用明細が公開されており話題となっていた。


 10月に盲腸の手術をするまで、アメリカでの医療費というものについて、まったく理解していなかった。みんながこの請求明細書を見て、アメリカで急に病気になってしまった場合、治療費がいくらかかるのか、しっかりと頭に刻み込むべきだと思い、公開することにした。

 これがもらってびっくり、度肝を抜いた医療費の請求書である。トータルの金額が書いてあるが、55,029.31ドル(約575万円)だ。とても自分の手におえる金額ではない。幸い保険に入っていたのでその80%はなんとかまかなえたが、それでも残り11,119.53ドル(約116万円)を払えだなんて、今のぼくにとってはは大変な額だ。


この男性は幸い保険に加入している。にもかかわらず盲腸で1泊入院で、残り20%の自己負担額、116万円を支払わなければならない。アメリカの民間保険には入院治療費を全額負担してくれるメニューもあるが、それだと保険の掛け金も高額となってくる。

ちなみにアメリカで破産する人の6割は高額な医療費が原因とも言われているそうだ。

  

この記事への反応

 

盲腸になったら人生終わるような社会がどうやって成り立ってるのか不思議。

 

貧乏人は肉体的な死か、経済的な死のどちらかを選ばざるを得ない。
飛行機代出して、無保険で日本で治療した方が安い場合もある。

 

アメリカで虫垂炎を発症すると、
A放っておく→死
B手術する→破産 か。夢の国だな

 

風邪や腹痛程度で無保険でアメリカの病院に行くと軽く10万は取られるね
夜中に運ばれてそのまま朝まで一泊なんかしたら25万
幸いアメリカの場合日本より市販薬の規制がゆるいからドラッグストアで売ってる薬が良く効く
薬剤師が必ず常駐しているので発熱や腹痛ぐらいなら相談して薬を買えばいい
つか海外旅行保険なんて薬代ぐらいで入れるんだから最初から入っとけ

 

こんなシステムであんだけ不摂生するメリケンて中々のロッカーやな

 

アメリカ大好きで長い間住んでたけど、老後に掛かるであろう医療費を考えて結局帰国したわ。いまでもいい国だと思う自分から見てもアメリカの医療はクソ。

 

アメリカ在住だけど、アメリカの医療費って言い値みたいなものだから「払えない」って言って病院と交渉すると半額になったりするよ。骨折ってER一度行っただけで2000ドル請求されたけど、保険会社が交渉してくれて自己負担60ドルくらいになったことがある。個人でも交渉は可能。病院も踏み倒されるよりは額が減っても払ってくれた方がありがたいからね。ただ保険に入ってないとそもそも治療を断られる可能性があるが。

 

元記事:カラパイヤ
https://karapaia.com/archives/52151258.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。