宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

《記事要約》

 2016年3月、アメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士のスコット・ケリー氏は国際宇宙ステーションに1年近く滞在し、ようやく地球に帰還した。
 『Circulation』(3月29日付)に掲載された研究によれば、驚いたことに、彼の心臓は4分の1以上も縮んでしまっていたという――。

1週間で0.7グラムずつ心臓が縮む

 スコット・ケリー氏は340日間の宇宙滞在で毎日の運動を欠かさなかった。そのメニューは、ランニング、エアロバイク、ウェイトリフティングと、それなりの運動量に思える。にもかかわらず、1週間で0.7グラムずつ縮んでいたのだ。                   

 なぜそんなことになってしまったのか? それは地球のような引力がないために、心臓が楽できてしまうからだ。無重力ならば、地上にいるときよりも、少ない力で血液を送り出すことができる。

 なお心臓は27%軽くなっていたが、ケリー氏はそれまで通り健康で、体調を崩すことも、それらしい兆候が現れることもなかった。

元記事:カラパイヤ
記事全文:https://karapaia.com/archives/52300713.html

 

 

ネットの反応

 

運動しなかったから筋肉が落ちたみたいなもんなのかな

 

ディスカバリー号みたいな人工重力ブロックが必要かもね。

 

人類に宇宙空間への適応能力が残されていることに喜ぶべきか。

 

逆に心臓への負担が減って
寿命が伸びたりせんだろうか?

 

無重力状態だと顔の『たるみ』は軽減される
が、地球上では下半身に偏っていた体液が重力の影響を受けず全身に均等に配分される為に所謂『ムーンフェイス』になり顔がむくむ

 

ということは宇宙抜きにしても
運動能力で心臓の大きさって結構変わるものなんだなぁ…

 

足の血流は重力と足の筋肉で補助されるものだけど宇宙では重力はないし足も使わない
運動不足で小さい心臓が足に血液を回すには地上よりも強く脈動しないといけないから大きくなるんだろう

 

心臓だけじゃなくて他の臓器にも何かの影響はあるんだと考えると、宇宙進出はサイボーグ技術が必須では、と思ってしまうな。

 

拡張型心筋症に朗報?

 

宇宙飛行士て人柱だよね
高い給料で誤魔化してるけど

 

加圧トレーニングで心臓に負荷をかけられないのかな?

 

心臓がめちゃ弱った人は宇宙生活なら長生きできるかも

 

 

心臓が1/4も縮むなんて怖いにゃ!
なんらかの対策が必要だ!


…てか、宇宙に行く予定なかったわ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。